デイケアは、同じ病気、同じ悩みを抱えている仲間が集まり、様々な活動を通じて「社会復帰」をめざしていく「外来治療」の一つです。
 当院のデイケアには、10代から70代(中心年齢層20代から40代)までの、幅広い年齢層が参加しており、各人のライフステージに応じたプログラムを用意しております。
 【どんな人が参加しているの?】
  • 仕事に就きたいが、どんな仕事が良いのかわからない。
  • 自分に自信がもてない
  • 人と上手に付き合えるようになりたい。
  • 引きこもりを改善したい。
  • 不規則な生活を改善したい。
  • 体力が落ちてしまったのを回復したい。
  • 緊張せずにリラックスして毎日を過ごしたい。
  • 将来の目標を持ちたい。
  • 毎日の生活に、張りを取り戻したい。
  • 病気を抱えながら仕事に就くのは不安だ。
  • 集団の中で自分だけが浮いてしまう。
上記のようなことで悩んでいらっしゃる方々とスタッフが一緒になって、ケアプランを作成して支援していきます。
  
 【デイケア参加の例】
 
 職場復帰の場合(休職3ヵ月)
(開始〜2・3週目) (  〜6・7週目) (  〜10週目) (  〜12週目)
 ゆっくり気持ちと体を休め、リラクゼーションを中心に参加する。 疾病の理解、コミュニケーショントレーニング、運動等による体力の回復 コンセンサストレーニング等のアクションメソッド、ストレス対処法、認知行動療法 職場復帰に向けての準備 
 
 じっくり治療する場合
 (開始〜1ヵ月) (  〜3ヵ月)  (  〜6ヵ月)  (  〜9ヵ月)
 ゆっくりと環境に慣れる 運動、レクリエーション等興味のあるプログラムに参加する  SST、対人関係トレーニングなど発展的なプログラムに参加する  キャリア工房など将来の目標を考えるプログラムに参加する 
 
 
【活動内容】
就労・復職支援 ・キャリア支援、キャリア開発など将来の「就職」、「復職」に向けたキャリア工房プログラム。
・ハローワークと連携したジョブガイダンス事業。
コミュニケーション トレーニング 疾病の段階や、目標に応じた各種コミュニケーショントレーニングです。
認知行動療法 (CBT) 偏った考え方は、気分を沈ませ行動を消極的にします。客観的に現実を見つめ、問題に対処できるようにグループで学びます。
リラクゼーション ゆったりとリラックスした状態を作ることで、自律神経のバランスを取り戻し、心と体の安定を図ります。
スポーツ 体を動かし、体力づくりや気分転換を図ります。 
生活活動 調理やペン字、パソコンやダイエットなどの生活に密着した活動を行うことで、リズムを整え、生活の張りを得ます。 
レクリエーション 様々なレクリエーションで「楽しむ」ことを覚えます。
グループ活動
  (リンクありません)
固定メンバーのグループ、自由参加のグループ、疾患別・目的別グループ、女性のみのグループ等のさまざまなグループ活動を通じて自己理解を深めていきます。 
外部講師プログラム アートクレイシルバー、アートソープ、ポーセラーツ、陶芸、手芸 
 
 
 【活動日時】
月曜日から金曜日までの週5日(祝日は休み)
午前10時から午後4時まで
参加の日数・ペースはスタッフが個別に相談していきます。
(毎日参加しなければいけないわけではありません)
【一日の流れ】
      【午   前】
10:00〜 ミーティング
10:30〜 午前のプログラム
12:00〜 昼食
午後の準備
      【午   後】
13:00〜 午後のプログラム
15:00〜 コーヒータイム
ミーティング
掃除
〜16:00 終了

※プログラムによっては時間が
 変更となる場合があります。
【担当スタッフ】
看護師、心理士、精神保健福祉士が常時勤務しています。(必要に応じて医師や各専門職も参加します)また、プログラムによっては講師やボランティアも一緒に活動します。
【利用申し込み】
参加を希望される方は、以下の条件を満たしていることが最低限必要となります。
1. 現在医療機関に定期的に通院されている方(当クリニックに限りません)
2. 主治医の許可がある方
※利用は担当スタッフの面談の上となります。
※見学は可能ですが、あらかじめ予約が必要です。